ゆったりと昇陽窯で丹波篠山&陶芸を満喫しませんか?

ブログ

“丹波篠山”レポート

2013/08/01未分類

先日、篠山市の広報の方からお話を頂いて毎月発行される
“丹波篠山”という篠山市の各ご自宅に毎月届く冊子の取材
のお話を頂いて行ってまいりました!!
まず、私の担当したこの「街かどReport」は、この篠山市
で行われている活動をピックアップして毎月市民から
レポーターを募り取材すると言うコーナーです。
たまたま、お話を頂いて行ってきましたよ〜!
image_20130801225513f34.jpg
image_2013080122551189f.jpg
今回は、この篠山市に住む外国人にボランティアで
日本語を教える「うりぼう」と言う教室がある事を
皆さんに知ってもらおうと取材に行ってきました☆
この篠山市に住んでいる外国人の方々は世界各国
から来ていて約500人もいるそうです。
先日、私は世界一周をして来ました◎
久々に外国の人と触れ合える機会がある事に
ドキドキ☆ワクワクで教室に向かいました。
ボランティアの皆さんは主婦の方々ばかり。
また、学習されている方々は、この時はALTの外国語の
教師の方が多く、ボランティアとは言えなかなか高度な
日本語を勉強していました!!もう、国語の世界です。
自分の日本語力の無さに愕然とし、単なる言葉だけでは
なく、感情や微妙な言葉のニュアンスを真剣に勉強して
いました。
取材を進めるにつれ、ある一人の女性の言葉がとても印象
に残っています。彼女は中学校の先生です。
初めは日本語を全く話せずこの篠山市に来たそうで、
生徒に言いたい事があると文章を自分で書いて来て、
支援者の方に細かい文章を直してもらっていました。
その一文を紹介します。
「あなた方は英語の勉強をしても、今後の人生の中で
話さないし、必要がないと言うかもしれない。
でも、英語を理解する事で世界はもっと広がる。
現に私は日本語を勉強して言葉以外に得たものは
大きい。あなた達にももっといろんな世界を知って
欲しい」という彼女の強い思いでした。
なんだか、心に響きました。
言葉や人と会話したり、コミュニケーションをとる
という当たり前の事ですが、今の社会に必要な事
なんだよね。。と改めて実感しました。
外国語を話すことには誰でも臆病になりがちです。
だけど、その前に一人の人間として、ジェスチャー
や絵を描いたりコミュニケーションの取り方は
いくらでもあるはずです!!
みなさんも、外国の人を見たら、まずは笑顔で
あいさつする事から始めてはどうですかぁ?
と、、まぁ、こんな感じでレポートに行って
きました◎
外国人の人に関わらず、日本人同士でもまずは何事も
積極的に行動にうつして、色んな人と会話し、
自分の世界を少しずつ広げていけたらいいな。。
と思える取材でした!!
image_2013080123000443f.jpg
↑この写真は後日別々のクラスの人達の交流会。
かき揚げや手巻き寿司を囲みみんなでワイワイ
色んなお話をして楽しかったです◎
ジェスチャー&日本語&時々英語(o^^o)

コメントはこちらから

Copyright © since 2013 SHO-YO-GAMA. All Rights Reserved.