ゆったりと昇陽窯で丹波篠山&陶芸を満喫しませんか?

ブログ

モロッコ①

2013/04/12世界一周

image_20130412184505.jpg
image_20130412184358.jpg
image_20130412184506.jpg
1日目 タンジェ→シャウエン
今日からモロッコの始まり。
まずは、スペインのアルヘシラスから船でモロッコのタンジェまで。
今日の天気は降ったり止んだり。
あいにくの雨。。。
船場に到着してチケットを買おうとするが、船の会社が10社程あり、何処にしていいかさっぱり?!?!
とりあえず、現地の人が並んでいる所へ。
無事チケット購入できた◎
船はとってもしっかりしていて車なども運べるくらい大きく安心出来そう☆
出発は少し遅れたものの、出発!!これがジブラルタル海峡かぁ。。なんて余韻に浸る事もあまりなく普通に船に乗っていた。
船で国境を越えるので、船のなかで入国手続きを済ます。
唯一、日本人を1人見つけた。
ミュージシャンだろうか。
荷物と肩にギター。
何だか安心出来そうな人。
聞く所によると、プロのミュージシャン。すごい人に出会ってしまったかも。
今から行く方向も大体一緒なスケジュールだったので行動を共にする事に。旅慣れた人で頼りになりそうな予感☆
3〜4時間過ぎただろうか。。
19:30 タンジェ港到着。
めちゃくちゃ寒く天気悪い!!
無料バスがあると聞いていたので、スタスタ船を降りてバスにのる。
このバスに乗ればタンジェの街まで連れて行ってくれるのだろうと思っていたが、10分後。降ろされる。
荷物検査的な施設に連れて行かれ、そうこうしているうちに、多分市内行きのバスが行ってしまった。。。
私たちと同じ様なヨーロッパ人のグループはシャウエンに行く様子。私たちも、タンジェでは無くシャウエンまで今日中に行けたらと思っていたので、話しかけタクシーでシャウエンまで行く事に。10人 (1台/5人)。
1人100dh。2〜3時間かけてシャウエンへ。
タクシーが順調に進んでいたと思ったら、途中、建物に立ち寄る。
何だか夜中だし嫌な予感。
運転手が出て行き何やら中の男の人達と話している様子。
同席した女の子達も心配になり、もう1つのチーム友達に電話。
あー良かった!!
というニュアンスの英語が聞こえる。聞いて見ると、ここは警察署らしい。街を越えるのに許可書がいる様子。良かった◎◎
無事、シャウエンに到着し、ヨーロッパの人達と同じ宿に。彼らはディスカウントしてくれ、50dh/人。めちゃくちゃ安いっ!!
お腹が空いたので皆で夜中だけどご飯に行く。
初のタジン鍋。クスクス。ミントティーに大満足で今日は終了。
長い一日だった。。。
image_20130412184359.jpg
image_20130412185336.jpg
2日目 シャウエン
朝、ミュージシャン。ターニーと待ち合わせ。
ホテルのwi-fiが悪く、移動する事に。着いたホテルは、60dhだがネット環境が良く、久しぶりに日本人と話せて楽しみ。今日はターニーの友達の女の子 “かなみん”が合流するので楽しいモロッコの生活になりそうな予感。
昨日の夜中に街で見たツンツン帽子。気になる‥‥‥。。
イスラム教のモロッコでは皆が愛用している宗教的な服。
今日は、買い物を少しする事に。
ココ、シャウエンは青い街で有名。街の至る所の壁が真っ青で神秘的な街。その街の中にお店はたくさんある。
モロッコは世界で三大ウザい国の一つ。と聞いていたので、どんなものかなぁ。。と思っていたけどシャウエンはいい人ばかり。
〜今日買ったもの〜
• 皮製スリッパ
• ジュラバ (気になっていたツンツン帽子)
• 毛糸の帽子
青と小さな街でプラプラ久しぶりの買い物は楽しかった◎
モロッコは食べ物も美味しく、日本人にあった薄い味付け。
タジン鍋&ミントティーはお決まりコース。
今日も良い一日だった◎
image_20130412185237.jpg
image_20130412210457.jpg
image_20130412210458.jpg
3日目 シャウエン→フェズ
シャウエンはせっかくの青い街だっていうのに、私達の滞在中はあいにくの雨。。。。
今日は朝から珍しく天気が良く、旦那とふたりで朝のお散歩に。
やっぱり晴れると増してブルーが綺麗!!
今日はフェズまで移動。
一旦、ターニーとかなみんとバイバイし、また、砂漠ツアーを一緒に行く事を約束しシャウエンを去る。
フェズまでバスで4時間程。
フェズの旧市街 メディナの中。
メディナは塀で囲まれ迷路みたいな街並み。塀の外はけっこう都会でまた違った雰囲気。
私達はメディナ内のホテル”カウタル”に泊まる。
ちょっと道を外れ小道を抜けるので異様な雰囲気があるが、安心できるホテル。
オーナーのママは、凄くいい人。
ホテルをでて、プラプラ街を散策。
シャウエンの方が良い印象。。
もうちょっといれば良かったかなぁ◎と少し後悔。
日本のガイドブックにも載っているカフェ&レストランへ。
陽気な店員さん2人。
とってもいい人◎◎◎
お決まりのタジン鍋とスプライト。このお店も美味しかったなぁ◎◎
私達は、今日一日シャウエンで買ったジュラバを纏い、買い物や食事をした。すれ違う人々に、ナイス!ジュラバ!と言われ、心地よく嬉しい一日だった!!
image_20130412210453.jpg
image_20130412211342.jpg
4日目 フェズ
今日は旧市街の中のズラリと立ち並ぶお店をみて回る事に。
活気があって面白い。
細々と色々お買い物をした。
大満足。
何と言っても、定価から交渉次第で値切れるのが買い物の楽しみっ!!モロッコは、言い値の3分の1。大体、それくらいで買い物出来て良かった◎
少し体も疲れた所で”ハマム”に行くことに。
ハマムとは、モロッコ式のサウナの事。私達が行ったのは、庶民の行くハマム。
カフェの陽気なお兄さんに聞いてみる。
女性と男性で時間が分かれているのだそう。
朝から夜までは女性。
夜から朝までは男性。
私が先にハマムに行く事に。
シャンプー&垢用の黒い石けんでトータル15dh。安いっ!!
中に入ると、太ったおばちゃんが番頭さん。
荷物と石けんをもらって中に入る。
イスラム教の女性は普段は肌を隠すのと対象的に、パンツ一丁で大胆にサウナを楽しんでいる。
しかも、ガイドブックには派手な下着は×とかいてあったのに、けっこう皆派手な下着が多かった。
なにも分からず、見よう見真似で実践開始。
まず、部屋が3つに分かれていて奥に進むほど熱い部屋になる。
その奥の部屋に水とお湯の浴槽が二つあり、バケツで自分の湯加減を調節しながら汲む。
そして、黒い柔らかい石けんを全身に塗る。暫く2〜3分待つ。
垢こすりのタオルでゴシゴシ。
けっこう自分でやっても垢が取れてびっくり!!
これを数回に分けてやってみた。
これが正しいのか分からないけど1時間半くらい楽しみ、ホテルにもどる。
お肌ツルツルになり大満足☆☆☆
旦那もたまたま出会った日本人の男の子と待ち合わせして満喫。
垢も床に多分落ちているのだろうが、かけ流しているのでまぁまぁ清潔だったと思う。
サウナにパンツとサンダル着用はここならではの宗教絡みのシステムで新鮮だった。
行って良かったと思う。
image_20130412211341.jpg
image_20130412212118.jpg
image_20130412212009.jpg
image_20130412212004.jpg
5日目 フェズ→メルズーガ
午前中。
旧市街を出て新市街のモザイクタイルど有名な町を訪れる。
初めにタクシーで行った工場”アートナジ”は、とても大きな会社。
工場をみせてもらった後、町を散策する。
この町はそんなに大きな町では無いが、至る所に工場が沢山ある。
鉄の加工場。木工製品を彫る工場。勿論、タイルの工場。
職人の町でみんないい人ばかり。
久々にものづくりを見れた。
午後。
今日はターニーとかなみんと待ち合わせの日。
無事に会えるか心配な中、とりあえずメルズーガ行きのバスチケットを4人分買う。
モロッコはCTMというバス会社が有名だかメルズーガ行きがなく、別のSUPRATOURであると聞き、タクシーで移動。無事に購入する事が出来てまた、タクシーにのりCTMへ。ターニー達に会いたい一心で2時間ほど待ち伏せ◎
2人と無事に合流する事ができ、私達のホテルに4人で向かう。
近づいてくる怪しいモロッコ人2人。ホテルまで結局着いてきて金をくれ!という。。
はぁ?!
意味が分からん。。本当に。。
挙げ句の果てにお金を渡さなかったら、日本人の考える事は脳みそが小さいからだ、、とか、、20分程文句を言われ、ホテルの人が来てやっとおさまった。。
これが世界でウザい国と言われる意味が少しわかった気がする。
その男達は歯抜けだった。。
信頼感ゼロ。少しラリっていた。
怖い。。でも何もなくホテルの人が守ってくれて良かったと思う。
私達は、けちょんけちょんに言われた為、ブチ切れ寸前だった。
その反発からか、4人で買い物を楽しみ、楽しかった◎
夜行バスで今日はメルズーガまで向かう。
バス停でノルウェーで留学中のちひろちゃんという女の子と出会い、ホテルも一緒の様子。
仲間が増えて、いざ砂漠へ。
無事につきますように☆☆☆☆
image_20130412211957.jpg

コメントはこちらから

Copyright © since 2013 SHO-YO-GAMA. All Rights Reserved.