ゆったりと昇陽窯で丹波篠山&陶芸を満喫しませんか?

ブログ

12年に1度の祭典!クンブメーラ!!

2013/03/16世界一周

クンブメーラとは、ヒンドゥー教の祭典。インドの四つの聖地(アラハバード、ハリドワール、ナーシク、ウジャイン)で三年毎に場所を変えて開催される。インド中から数千万人のサドゥー(出家苦行者)や巡礼者が訪れ、ガンジス川での沐浴や司祭による宗教儀式が行われる。最も神聖とされるアラハバードでの祭典には特に多くの巡礼者が集まるため、世界最大規模の宗教行事と言われてるらしい。
2月8日
同じ宿のメンバーで打ち合わせ、作戦会議。
皆、旅慣れしてる強者達なので頼りまくりです。
しかし、情報が調べても調べてもあまり出てこない。なんせ12年に1度だから。
日本の旅行会社も沢山クンブメーラツアー宣伝してた。メチャクチャ高い金額で(笑)
2月9日 19時
出来るだけ軽装、軽食、水を用意しホテル集合。日本人9人。
20時
バラナシ駅からアッラハバード行きのバスに乗る。一人150円。少し高いほうのバスを選択したのでキチンと座れたし回りもちゃんとしてそうなインド人ばかりで一安心。
23時
予定ではそろそろ目的地に着く頃なんだが、やはり予想通り渋滞。

3時
遂にバスが牛歩レベルからエンジンを切ってしまうほどの渋滞。
回りに何人か歩いて行く人が見えたので9人も下車&徒歩。
4時
真っ暗な中、田んぼに挟まれた田舎道をヘッドライトや手持ちライトで進む。
段々と太鼓の音が微かに聴こえてくる。
向こうのほうの空が微かに明るい。
これだけを頼りにひたすら歩く。
良く見ると左右の田んぼでウンチしてる人が沢山。。。

6時
チャイ屋発見。エネルギー補充。
確実にあっちから祭りの音が聴こえてくる。人も増えてくる。
サンガムというサドゥーが沐浴するエリアをひたすら目指して歩く歩く。皆も段々と口数が減ってきた。



7時
人が半端なく増えてきて時には押し潰されそうになることも。9人もいるから絶対はぐれるけどこいつとははぐれないようにとマルのカバンを離さずにだけ気をつけて進む。


8時
やっとのことでサンガムのポイントの橋の上に到着。サドゥーの大行進、沐浴は日の出の時間だったのでそれは間に合わなかったが、見渡す限り川沿いが見える限り全て沐浴をして身を清めてる人人人人人人人人人人人人人人人人人。
ガンジスにお願いしてる人がたくさん。
やはりここに死を求めて来る人も多いので深くまでは進めないように、ロープで警備していた。

9時
どっかのテントで休もっか。ってなりまた人を掻き分け掻き分け進む。
たっくさんの人がサンガムのガンジスに沐浴をしに広い広いインド国中からやってきたのか、僕らの進む逆方向に行くひとばかりでぶつかるし軽く肘で押しまくる。ほんまに痛いし危ない。。
中には腰を曲げた沢山のおばーちゃん、おじーちゃん。足の不自由な人。
様々な人が解脱、快楽、不老、健康等を求めて。
以外とメチャクチャお年寄りに限って凄いパワーで押してくる。。怖い。


10時
深夜からずーーーーーっと歩いてたのと、人混みに疲れフラフラの状態を見たからか、チャイ屋の怖そうなおじさんも休んでいいぞ!的な感じで優しくテントに入れてくれた。
1人はぐれ、2人は別行動するわー。と6
人に。
スコーーッン!って寝てしまう。



11時
少しサドゥーテントを探しに出かける。
車に乗ったサドゥーに対し、沢山の人がお祈り。色んなサドゥーが日本で言うジャニーズ的な人気で、覚った目付きをしていた。

12時
これ以上いたら本気で何かに巻き込まれたり、圧迫死したりしてもおかしくないと判断し、悔しかったけど早々に帰ることに。

1時
バス乗場に到着。数えきれないほどのバス、バス、バス。。
一体、どのバスに乗ればいいんだ?聞き込みするも現地過ぎて英語通じない。。
しかもバスターミナルに来た空バスに乗り込むときの席の取り合いが半端ない!
時にはどつきあいしてるし、お年寄り優先なんか毛頭にないし、服がちぎれそうになるほど椅子とりゲーム。
1時半
結局何度かチャレンジするも席取れず。
ラストチャンスの時に、運転手がこっそり、「こっちから来い」と運転手の横の小さいドアを開けてくれ、何とか6人席確保。それから、このバスがバラナシに行くのか聞く。行くらしい。よっし!って感じ。いちいち聞いてから乗ってたら席とれないし。バス賃150円。
15時
ターミナル内も駄々込みで全く進まないので、何人か飲料水切れてたので買ってくるわー。と1人バスから降りて水を探す。探すも探すも水は売っていない。水なんてツーリストしか買わないから、こんなとこでは売っているはずもない。
諦め、バスへ。。。
。。?!
!?
どれ!?(゜ロ゜;
同じバスが50台から100台はある。
メッチャ焦ってあちこち探すも、少し進んでるのでさらに焦る、、、
30分後ようやく発見。ほんまにびびった。。
19時
ようやくバスターミナルから出る。夜中ついてもバラナシの夜中犬いたり、怖いし朝に着いて欲しいねーとか言いながら最後のクッキーを食べ、寝る。
3時
目が覚める。と言うかボロボロのバスのせいか寝れない。っというか進んでいない!!水は皆で300ミリリットルをシェアしながらだったので底をつく。軽食もない。と言うか9日の夜からクッキーしか食ってない。
何か怖くなってくるほど食料に飢える。
4時
ミカン発見!!ほぼ買い占める。1人二個。けど渇望していたせいかすぐ食ってしまう(笑)
7時
一斉に沢山の人が降りてトイレをしに。
バスのすぐ横でするから臭いし道路ビショビショ。。
11時
本当に全く進んでいない。。指差し会話で聞いたら、2日はかかるよ!だってまだ20キロしか進んでないよ!ってインド人が( ̄▽ ̄;)
マジ!?嘘でしょ??
4人は5時にバラナシ駅からアーグラへと夜行列車のチケットを1週間前にやっとのことで取れたのに、間に合う??もし間に合わなかったら、また何日間か先のチケットを取るのか?そうなると17日のオーストリア行きの飛行機間に合うのか??
11時半
よし、降りて何かチャーターして帰ろう!!と決断。
バイク、オートリキシャーで探すも断られる。混んでるしね。
12時
悔しかったけど高いジープをチャーター。1人750円。
バラナシまでの100キロ。
裏道を知っていてビュンビュン飛ばす!高速も途中から乗りブッットバス!
途中、水を買い、お菓子を買い、車の中でガブガブ飲む、ボリボリ食べる。
何かほんの少しだけど、買いたくても買えない、食べれない、困ってる人たちの事を考えさせられる。

15時
バラナシ着!
神!親父、神!メッチャ助かった!
そしてリキシャーでホテル近くまで。
ただ11日はバラナシのガンジスもお祭り的な人気で、人人人人人人。。。
渋滞にはまってるなか後ろを見たら、奇跡的にゲストハウスの息子が大学帰りでバイクで縫いながら走る。向こうも覚えていてくれバイクに乗り換える。
15時半
スイスイとバイクでしか通れない裏道を知っていて一瞬でゲストハウスに!
急いでシャワー!荷物のパッキング!
16時
二人もゲストハウス着。
16時半
毎日お世話になってたバダルという日本語ペラペラなインド人とお別れの時間二分(笑)(泣)バダルには色んな事を10日間教えてくれたし、助けてくれた。のに、何も御礼できなかったな。。。と後悔。
しかもその一瞬でバダルが電車の遅れてる時間をネットで調べる。。
全く遅れていない(笑)珍しすぎる(笑)
急いでバックパックを背負いダッシュ。
リキシャー捕まえる。
17時15分
バラナシ駅着。
17時20分
ほんまにギリギリに四人で乗車。するも違う電車(笑)
進み出すなか飛び降りたらしい。
17時30分
目的の電車に乗車。
そして今日は電車泊。
いつ布団で寝れるのか。。
5時
アーグラ駅に無事に到着。
さータージ・マハルだ!!
のちに知ったのだが僕らが行ったこの10日、たくさんの人が押しつぶされて死んだらしい。。。
それもそのはず、一日に2000万人がアラハバードのサンガムニ押し寄せたらしい。。
関西人全員が一日で集まるって考えるとゾッとする。
早期ナイス判断出来てよかった!

コメントはこちらから

Copyright © since 2013 SHO-YO-GAMA. All Rights Reserved.