ゆったりと昇陽窯で丹波篠山&陶芸を満喫しませんか?

ブログ

エジプト

2013/03/02世界一周

image_20130302090839.jpg
1日目 カイロ
インド デリーからエジプトへ。
私達が利用したのは”オーストリア航空”初めて乗る航空会社。
ヨーロッパの臭いがプンプン。
インドの臭いとはまた違う、欧米の感じ。リッチになった気分!!
スチュワーデスは、夜中の便のせいか、おばちゃんばかり。
でも、全身足先まで真っ赤っか♡めっちゃ×2可愛かった〜。
赤と緑がこの航空会社のイメージカラーなんだ〜。
素敵☆☆☆制服ならではのファッションだなぁ〜。と感心致しました。
空港は勿論、トイレも紙があってめっちゃ綺麗☆☆☆
そして、カイロに到着。
エジプトは人が背が大っきくて建物もでっかい。
ちょっとインドと似ている雰囲気(°_°)もするけど、イスラム教だからまたちょっと違う感じ。
全身真っ黒で顔を覆った女の人。
ワンピースシャツみたいな洋服に帽子を被った男性。
宗教的な文化をここでも感じた。
インドが騒がしかったせいか、エジプトが静かに感じる。。。
でも、チャイニーズ、コリアン、ジャパニーズ?!声をかけられる。
日本人より中国や韓国の方が旅行者が多いのか。。。
悲しいような。嬉しいような。
アジア人女性ここでもモテモテの予感!!
ウインクや会話の時の顔が近いっ!!
今日は、”ベニス細川”と言うホテルへ。
日本語ペラペラのエジプト人と日本人もいっぱい居てホッとする。
そして、6人くらいの日本人グループに混ぜてもらい夕食で少しエジプト情報収集。
たまたま、私達が到着した日と重なって、日本人がバックパック取られたり、
タクシー代にもめて、首にナイフを突きつけられ、頭に袋……。。!(◎_◎;)
着いた途端にその話で、エジプトにビクビクし、明日から気をつけて行動しよう!と心に決める。
エジプトの食事は、思っていた以上に美味しく、インドで肉が食べれなかったからチキンや牛肉料理が本当美味しく感じました◎
ここの人達は確か豚肉は食べないはず。
私って、雑食動物なんだぁ……。っと、改めて実感してしまった。
image_20130303052856.jpg
image_20130302090842.jpg
2日目 カイロ
今日はエジプトの三大ピラミッドを見に、カイロ市街からギザへ。
同じ宿のピラミッド行く人を掻き集めて5人で出発。
タクシーで60LEなので5人で割るとまぁまぁ安いかな…。
ピラミッドがある場所は、街中からすぐ!話では聞いていたけど、こんなに近いんだぁ◎
でも、ピラミッドの凄さと庶民の生活がちょっとミスマッチかな…。
だってケンタッキーやピザハットの裏にゲートがあり、
いきなり砂漠!ピラミッド!ラクダ!スフィンクス!っていう感じなんです。
まぁ、でも、ピラミッド。
やっぱり、すごいです!
ピラミッドが出来る過程を想像すると未知すぎます!
今みたいに便利でない時代にどうやってこんなに巨大な物を作ったんだろう…。
と。しかも、これがお墓だなんて…。王様、偉大すぎますっ!
この三大ピラミッドをぐるっと一回り。勿論、徒歩で!歩いていると、
ラクダにのらんかぁ?とか、お土産を手にしたおじさん達が寄って来る。
ひたすら拒否するけど1kmぐらい平気でついて来る。
しつこい。。。
一緒に歩いていると、色んな事や情報を教えてくれてとっても親切。
でも、これがエジプト式のお金の稼ぎ方?!
結局、勝手について来て、こんなに沢山色々したんだし、小銭くれっ!!!バクシーシ!!!と、言ってくる。
バクシーシとは、イスラームの「喜捨」らしいです。
つまり、「経済的に余裕のある人が貧しい人にお金や物を与えるのは当然である」という考えから生じたものです。
それが、「あなたは持っているのだから、もっていない私に与えるのが当たり前!」というように、持たないものが持つものに当然のようにお金や物をせびる形になっています。
私達は断ったはず!どうして?!
ん〜。これがエジプトかぁ。と感じました。
ギザから帰って来て、お腹も空いたので、エジプトの料理”コシャリ”と言う、パスタ&ライスなど色々混ざったものにトマトソースがかかった食べ物を食べる。
4LEとめっちゃ安いし、美味しかったぁ〜!
image_20130303052857.jpg
image_20130302091501.jpg
3日目 バフレイヤオアシス
今日は砂漠キャンプ!!!
旦那様は、結構このツアーを楽しみにしていて興奮気味でした!
am7:00ホテル出発。
カズヤ君とisoさんと4人で。
バス乗り場に行きバフレイヤへ!
約5時間。バスは予想よりまぁまぁだけど、まぁ、、しんどい。
現地でツアーを組もうと思っていたので、バス停を降りるとキャッチの始まりっ!!
色んな人が寄って来て交渉開始☆
どんどん価格が下がり残る2組にっ!
ん〜。どっちも同じくらいの値段。
最終的に判断したのは、、、
※片方は相手の悪口を言う人。少し安い。50LEくらい。
※片方は何も言わず、お任せします。
ホテルで一緒だった人達の噂では良いとは聞いていた人。
5LE高い。
4人意見別れ、2対2。
image_20130302091637.jpg
どうしよ〜。でも最終的に選んだのは二人目の彼に決めました!
(写真ではエジプトの方が二人写っていますがご想像にお任せします(笑))
ここでケチるより55LEで安心を買ったと思う事にしよ〜。
しかも、現地だと約3000円。
カイロのホテルから頼むと1万円。安く済みそう!
後はこのキャンプがどうなるか。。期待!!
ランチをホテルで頂き、出発!!
先ずは、黒砂漠。
ベージュ&黒の火山岩砂漠。壮大でした。
次は、温泉と言っていいのか?良くわからない感じの所に連れていかれる。
次は、砂丘っぽいサラサラした砂丘が所々あって、スノボ砂漠版!
結構楽しみました◎
次は、クリスタルの岩山へ。
次は、白砂漠!!
交渉し過ぎて時間も押していた私達はサクサク白砂漠まで。
もう、日が暮れてしまい薄暗い中変わった形の砂岩をくぐり抜け泊まる場所まで行く。
もはや、ガイドしか分からない道。泊まろうとしている所に到着したらしく辺りは観光客が数名いた。
誰も居ないよりかは一安心。
ガイドさんはサクサク準備を始め車にテントを固定しL字のテントを張る。
そしてマットを敷き食事の用意をし始める。
私達は持ってきたウイスキー&コーラーでチビチビ飲みながら温ったまることに。
極寒と聞いていたので、自分の持っている洋服を着用し今晩に備える。
今日は風もあまり無くまだマシな方。ご飯は勿論じか火。
結構時間かかる。
ようやく出来てチキンと野菜の煮たもの&ライス!
めちゃ×2豪勢☆そして美味いっ!!
満腹になったところで、砂漠の上にマットを敷き、火を囲んで、寝袋に入り、星空を見る準備に…。
月が消えるのを待ちながら、4人で色んな話をしながら…。
やっと月がなくなったのはam4:00。
地球が丸いのか、地平線まで360°満点の星空☆☆☆
しばらく見ていると流れ星。。
image_20130302091805.jpg
キラキラ。
キラキラ。
15回くらいは見ただろうか。。。
私は流れ星を見ながらウトウト眠ってしまった。
image_20130303052858.jpg
image_20130302091932.jpg
4日目
バフレイアオアシス〜カイロ〜ルクソール
旦那は、ずっと起きていたらしく夜明けと共に起こしてくれた。
真っ赤っかな朝日!
地平線から真ん丸の朝日。
気持ち良い〜!なんか元気が出る!太陽ってパワーもらえますね!
白砂漠を薄っすら見て来たけど、夜明けと共に真っ白な砂岩がっ!いっぱい!ホント面白い形ばっかり◎
朝食を食べて、am11:00のバスに間に合うように、また砂漠をひたすら走り、バス停まで。
バスもひたすら砂漠を走り、走る事5〜6時間。
しかも、夕方のせいか、、渋滞でバスが動かず。
途中でバスを降ろされ、最寄りの駅がカイロから7駅ほど。。トホホ…。
メトロはどこまでも1LE。
無事カイロまで着き、明日からはカズヤ君やisoさんとお別れなのでルクソール行の22:00発までご飯を食べに行く☆
ホテルで今日はストライキがあるから電車が動かないかもしれません。
と言われつつ、とりあえず、駅へ。
でも何か動く気がしていた。。何の根拠もないけど。勘ですっ!
駅に着くと、普通に動いていた。良かった〜。
私の勘は当たるのか……。
image_20130303052853.jpg
image_20130302092315.jpg
5日目 ルクソール
am9:00到着!
ホテルのオーナーの奥様が日本人と言う情報を聞きつけ、’OASIS HOTEL”へ。
さっそく赤ちゃんを抱っこした”よしこさん”がいた。
しかも、関西弁!
めっちゃ親近感湧きました◎
しかも、色々教えてくれてとっても親切です!
国際学生証&私は30歳over(笑)なので学生証ではなくteacherカードを作りに。
エジプトでは、このカードで美術館などが半額になります◎
今日はもうお昼過ぎなので、遺跡を1つ見る事に。
“カルナック神殿”
とても広く見応えあり!
所々、色も残っていたり…何と言っても、エジプト文字の面白さ。
解読する事は勿論出来ないが、見ていると解読したくなる。。
削ってあったり、浮き彫りになっていたり…。凄かったです。本当に。
ホテルまでの帰り方は、乗り合いバス。行き先を道端で運転手に連呼し、通るルートだったら止まってくれる。これも1〜0.5LE。
夜はルクソール神殿のライトアップを塀の外から鑑賞。
エジプトは、観光でもっている様な国。なので入場料が物価に比べ結構高いんです。
ルクソールは遺跡の街。
明日は、もっとすごい物が見れそうです。
image_20130303053644.jpg
image_20130302092318.jpg
image_20130302092303.jpg
6日目 ルクソール
今日は早朝から気球ツアーでナイル川を越えた西側の遺跡と朝日を見る事に。
先日、気球の事故があり、私達が乗った数日後の話。
実際私達が乗った時は、すごく安全な気がしたしまさか…と言う感じです。
詳しく乗ったときの情報を書こうかと思いましたが気が進まず控えようかと思います。。
そして、西側の遺跡を散策。
王家の谷では、色んな王家のお墓を見た。
どのお墓も結構深い所まで掘ってあり湿度高くとても熱いかった。
まだまだ綺麗にカラーが残っていてこの湿度と温度の関係でミイラや壁、献上した物が綺麗に残ったのでは…と勝手に推測。
偉い人のお墓は文字や絵が細かい。
色々な種類や石に掘っているものを見ると本当に本当に凄かった!
image_20130303052957.jpg
image_20130302092302.jpg
7日目 ルクソール
今日はルクソール博物館へ。
大きさは小さいもののこのルクソールでは近代的な綺麗な美術館。
所有物もなかなかでした◎
美術館を後にし、今日はヨーロッパに向けて買い物。
お米。パスタ。調味料。
こんなのヨーロッパでも売っているんじゃ…と思いつつ、
ヨーロッパでは高いんじゃ。。と両方の気持ちが溢れて、まぁ、結局買いました。
よる遅い電車のせいか、ホテルの従業員の”ターリック”に見送ってもらう。
色々彼には良くしてもらった。
感謝×2☆☆☆ありがとう☆☆☆
image_20130303053002.jpg
image_20130302092310.jpg
8日目 カイロ
昨日夜中。pm23:45発カイロ行。
朝、電車で目覚め、10時頃つくはずが……。まさかの3時。
インドで鍛えられたのか、全然耐えれる。
でも、あまりに動かない電車に見兼ねてエジプト人も途中下車。
でも、たまに動くのでそのまま乗車に耐える。
ここで降りても場所が分からないし。。
しかし、そんなに待つこと無くスムーズにカイロまで。
荷物をおきたかったので、前に泊まっていたホテルへ!
カズヤ君とisoさんがお出迎え!!
なかなか暫く会えないと思っていたのでうれしかったぁ◎
でも、夕方には出発ともあってすぐバイバイする事に。
元気でね〜っと見送って、残された日本人でご飯を食べに行く☆
旅行先での失敗談や情報を話しながら。。。
久しぶりに腹を抱えて笑った。
image_20130303053001.jpg
image_20130302092421.jpg
9日目 カイロ
今日はエジプト最大級の考古学博物館へ。
かなりの収容数にア然!すごいっ!古い時代からみてまわる。
1番古い時代の方が形やデザインが面白い。
この世に存在しない架空の生き物や実現する生き物など、これらを表現する力が面白かった。
2階には、ツタンカーメンの秘宝がわんさか。
ツタンカーメンは別格で、なんせ黄金なのがゴージャスでした。
帰りにアタバと言う所へ行き、日用品で足りないものなどを安くてにいれ、ヨーロッパ準備万端で明日に備える◎
image_20130303052959.jpg

コメントはこちらから

Copyright © since 2013 SHO-YO-GAMA. All Rights Reserved.