ゆったりと昇陽窯で丹波篠山&陶芸を満喫しませんか?

ブログ

オッカム教室@楽焼1月

2012/04/14陶芸教室

ヒエー今回は特に遅れたアップになりました。。。どたばたで分刻み男やゴキブリ男(生命力)とかまわりに言われつつ、Face bookを始めたのも重なり放置状態に。。
しかし、いろんなおばさまや、友人からの「最近、ブログ書いてないわね~」と聞くたびに、げっ!意外と見てるのね汗
なもんで、どこから書くか迷ったけど、続きから書きます(笑)あっFace bookは大上 裕樹でしてますので申請ください。
えーっと1月22日(笑)に楽焼教室vol.2をしました。
楽焼とは、、、
普通、陶芸は作ってから乾燥一日、削り一日、乾燥、素焼き、施釉、本焼き、仕上げ。
と約2週間はかかるですが、なんとそれを半日でするよ!!という魔法のような陶芸のジャンル。
楽焼の中でも代表するのが、抹茶茶碗(楽茶碗)なので、みんなで楽茶碗を作りました。
raku1.gif
急熱、急冷に耐えれるようにブレンドした土で茶碗をつくり、、、ドライヤーで乾燥させたらカンナで削り、、、
raku2.gif
楽焼釉を塗ります。釉薬は前日に調合したやつをみどりとだいちゃんでテスト焼き。なかなかうまくいったのでたくさんの色の釉薬を用意ました。
面白いのが、みんな右利きだからか、筆が同じ方向に(笑)こんなことってあうんですね(笑)
raku3.gif
さーいよいよ本焼きへ。1000度を超える窯の中に約10分だけ入れあとは引き出し水でジュッと急冷。
その瞬間は、全身全霊で判断が難しいしタイミングが悩みどころ。しかし、そこがまたのしい瞬間でもあり鳥肌もんです。
raku4.gif
ジャジャーーン!!!今回は作って終わりではなく、最後にお茶会をしました。(自分で作った茶碗でその日に飲めるとは、最高のひと時ではないか!(笑))きちんとした和菓子をあっこが用意し、しかも自分で点てて飲みました。
今回は15人!東京や神戸からの参加もありプレッシャー感じましたが最後に楽しかったー!という声をたくさん頂きよかったーーー!と一安心。
今回もたくさんの人に手伝ってもらって、たくさんの出会いがあって、そこにたくさんの笑顔があったのでほんまにありがとうございました!!
みんなの作品を取り忘れたのが後悔。。。
ちゃっかり自分の作品は後日に撮影しました。
raku5.gif
黒楽茶碗。作 大上裕樹

コメントはこちらから

Copyright © since 2013 SHO-YO-GAMA. All Rights Reserved.