ゆったりと昇陽窯で丹波篠山&陶芸を満喫しませんか?

ブログ

石の作品?@鉄瓶の蓋

2011/12/21未分類

久しぶりに最近、石の制作しました。
蓋がなくなった鉄瓶の蓋を石で作ってと頼まれ、きっちりしたベースの上に石の欠片をゴスといういわゆるセトモノの絵付けに使われている青い顔料を使い、焼く予定。
石ボコリが凄いので全身完全防備のゴーグルと防塵マスクを纏い、グラインダー片手に合計10時間の格闘。
の、結果。
rps20111221_001248.jpg
以外にも自画自賛の出来(笑)器用かも(笑)右にあるのがグラインダー。
蓋の裏側は、、、
rps20111221_000758.jpg
きちんとカズラ(段差)もつけました。
よくみると鉄瓶に金で細工が。見たことない細さで象眼されており、口のしたに銘が記されてある。
、、、これって凄い代物では??と持ち主に聞くと、
「古美術商いわく@@@万円はするらしい。最近、中国人が買うらしい」
ド、ド、ド、ド、ドヒャー(ノ-o-)ノ┫
今は手元にないがもっと写真撮っときたかった(泣)
もっと触りたかった(泣)
というか蓋あれでいいのか??
今の俺なら即カモン中国人!
しばらくは石にまた興味が湧きそうだ。

コメント

  1. ノブ より:

    SECRET: 0
    PASS: 431469d86646f8c09320f1a181733341
    すごっ!!
    この石は焼くとき溶けちゃわないのー?

  2. okkam より:

    SECRET: 0
    PASS: 2c7a5a6bfa4b5baee3b981b7803c3747
    ノブ〉いや~それがね、溶けるかもしれないし、ひび割れるかもしれないし、爆発するかもしれないし、可能性を挙げるときりがないんよ~、、、
    ただたくさん石を焼いてきてなんとなく、この石は大丈夫かな~ってやつを選んだけど焼きで失敗するかもな~そしたら今までの作業も一からやり直し、、
    作業を考えると誰もやってないって分かるくらい大変やわ(笑)

コメントはこちらから

Copyright © since 2013 SHO-YO-GAMA. All Rights Reserved.